逗子、湘南の歯科(歯医者)田中歯科クリニックです。一般歯科、小児歯科、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、口腔外科、矯正歯科等の治療を行っています。急患も受け付けます。

ja Japanese
logo

「完全予約制」ですのでお早めにお電話を下さい

tel calender

矯正歯科

矯正治療とは?

出っ歯や受け口、ガタガタの歯並びなどを矯正器具を使って歯並びを整えることを「矯正治療」といいます。
そもそも、「歯並びが悪い」ことのデメリットは何でしょう?
実は、見た目の問題だけではないのです。
健康にさまざまな影響を及ぼします。

歯並びが悪いと・・・

  • 虫歯になりやすい
  • 歯周病になりやすい
  • 発音に影響がでる場合がある
  • 食事の効率が悪い
  • 成長期に、悪い歯並びを放置しておくと、顎の成長に問題を起こし発育不足をおこすことがある
  • 悪い歯並びが心理的にも悪い影響を与える場合がある

矯正治療は「子供だけの治療」と考えている方も多いと思いますが、年齢に関係なく悪い歯ならびが治療の対象となります。
「矯正歯科治療」は、歯並びの種類やご希望によって様々な方法があります。

矯正歯科の種類

固定式

「マルチブラケット装置」が最も普及しており、永久歯にブラケットを装着し、矯正ワイヤーを通すことで歯を移動させる治療法です。

メリット
  • 最もスタンダードな矯正装置で、一定効果が定期的にみられ、問題点があれば装置の改善も効果を下げずに修正可能です。
デメリット
  • 装置が目立ち、見た目が悪い
  • 装置に食べものが詰まりやすく清掃もしずらい為、虫歯や歯ぐきの病気になりやすい
  • 矯正装置が舌や唇などの粘膜を傷つけるケースがあり、口内炎ができやすい

歯の裏側(舌側)の固定式装置

最近では歯の裏側にブラケットをつけて、目立たなくする「舌側矯正(ぜっそくきょうせい)」などの治療法も登場してきています。

メリット
  • 目立たないので、矯正をしていると人に悟られない
デメリット
  • 喋りにくい、発音が変わってしまう場合がある(慣れれば問題はありません)
  • 頬側の固定式装置より食べものが詰まりやすく、虫歯や歯ぐきの病気になりやすい
  • 頬側の固定式装置と比べ、より丁寧な歯磨きが必要となる
  • 磨き残しが起りやすく、口臭の原因となる
  • 頬側の固定式装置と比較して費用が高い

床矯正(しょうきょうせい)

歯を抜くのではなく、あごの骨を矯正装置で拡大していく床矯正という方法もあります。
お子さんの歯の矯正にむいています。

ぜひお気軽にご相談くださいませ。